ランニングシューズの買い替え時|「Exeo Marathon」エクシオ横浜ランニングクラブ

HOMEマラソンアイテム集 > ランニングシューズの買い替え時

ランニングシューズの買い替え時

ランニングシューズの買い替え時天気のいい日には気分も爽快となり、気に入っているシューズで走りたくなるでしょう。
特に履き心地の良いシューズはどうしても出動回数が多くなりがちです。
ですが走る衝撃を和らげ、足や腰など体の負担を軽くしてくれる役割をしているシューズにも限界があります。
買い替え時のシューズをいつまでも使っていると足だけでなく、体全体のバランスが崩れてしまいます。
日頃からランニングシューズの買い替え時を知って、シューズも体も健康な状態を保ちましょう。

距離でチェック

距離でチェック一般的な靴の寿命を考えた時、どれくらいの期間を履いていたかを基準とします。しかしランニングシューズの買い替え時に対しては、多くが距離で回答されます。すでにマラソンをしている方には当たり前のことですが、初心者の方にはその部分がわかりにくいかもしれません。
マラソンではレースはもちろん、トレーニングでも距離を測って行うことが大半ですから、シューズの買い替え時も距離で表すことが多いのです。どれくらいの期間を履いたかよりも、どれくらいの距離を走ったかが重要になってくるのはそのためです。
一般的な買い替え時は以下の通りです。

【レース用】……300

【トレーニング&レース用】……500辧700

【トレーニング用】……800辧1000

レース用の場合はフルマラソンを3回走ったら買い替え時、と考えた方が良いそうです。トレーニングの時も距離を意識して走るようにすると、シューズの買い替え時の目安も立てやすくなります。

お手入れでチェック

ランニングシューズを使用した後、必ずお手入れをする習慣をつけましょう。 その時にインナーソール、ミッドソール、アウトソールの傷み具合をチェックします。

インナーソール

インナーソールは足を衝撃から守る役割をしていますので、クッション性の有無が重要なポイントです。
母指球・小指部分・踵など走る時に力のかかりやすい部分は、クッション性が無くなるのも早くなります。これらの部分が他よりも傷んできたら買い替え時期です。
インナーソールはクッション性や足のクセ、痛みの出やすい部分など個人に合わせてシューズとは別に購入出来るので、お店の人に相談しながら自分好みのものを探すとより走りやすくなります。

ミッドソール

傷みを気づきにくいのがミッドソールです。初めて耳にする方も多いかもしれません。アウトソールよりも足側の部分をミッドソールといいます。特に踵の部分が重要で、着地の時の衝撃を和らげる役割をしています。
使用している間に少しずつつぶれていくので、ベテランランナーでも見落としがちです。新品のシューズと比較するとどれくらい潰れているか分かりやすいです。 ついアウトソールの減りに目が行きやすいですが、ミッドソールのクッション性はとても大切な部分となりますので、気に留めておきましょう。

アウトソール

クッション性のあるミッドソールは比較的柔らかい素材で出来ているので、走っていると削れやすくなります。それを防ぐのがアウトソールです。
固めの素材で出来ているので削れにくくなっていますが、硬い路面を走ることの多い人は削れやすいので注意が必要です。シューズの裏の溝のすり減り方をチェックしておきましょう。

また、癖のある走り方をしていると特に減りやすい部分が出て来ます。シューズを置いた状態で地面との隙間が出来るようなら、もう買い替えるべきタイミングでしょう。
そのまま使用していると足だけでなく、走る姿勢が崩れ体全体の筋肉のバランスも崩れてしまいます。その場合はシューズの買い替えももちろんですが、自己流ではなく正しい姿勢で走れるよう、レッスンを受けることをおすすめします。 シューズの健康も保てますし、体の健康は改善されることでしょう。

クッション性でチェック

クッション性でチェックランニングシューズは足への衝撃を和らげるクッションの役割をしており、マラソンやランニングをすることで汗による湿気や荷重による衝撃などで、そのクッション性が失われます。 ランニング中に足にかかる圧力は体重の2〜3倍といわれており、クッション性の失われたシューズで硬い路面を走ると赤血球が足の裏で多く破壊されてしまい、貧血を起こしやすくなります。

シューズのクッション性は復元出来るまでに約48時間かかりますので、それ以前に再び使うと湿気を含んだクッション性が完全に戻らない状態で使い続けていることになり、足や体への悪影響が生じてしまいます。

シューズを使用したら毎回お手入れで湿気を完全に取り除き、潰れた状態を復元してから使用するようにしましょう。毎日練習する、または48時間以内に使用したい場合は、複数のシューズを用意して順番に使うようにすればシューズの寿命も長くなり、健康な状態で走ることが出来ます。
また使用していないシューズでも1年でゴムが劣化してきてしまいます。レース用など出番の少ないシューズでも、1年を経過したものは使用を避けましょう。
距離や年数は、あくまでも目安です。履いた時にクッション性が失われていると感じたら惜しむことなく、買い替え時と考えましょう。

横浜地域以外のランニング婚活パーティーはこちら Runner知恵袋 大人気!ランニングイベント スタッフブログ エクシオが選ばれる理由 スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから プライバシー