コースの攻略ポイント|横浜マラソンコースガイド|「Exeo Marathon」エクシオ横浜ランニングクラブ

HOME  >  横浜マラソンコースガイド  > コースの攻略ポイント

コースの攻略ポイント

コースの攻略ポイント

みなとみらい地区や山下地区など、横浜近隣でマラソンをしている人なら、普段からトレーニングのコースとして利用して慣れ親しんでいる場所の人も多いでしょう。それだけ、普段から楽しみながら走ることが出来るコースということが伺えます。

その人気のスポットを含めるコースは、首都高速湾岸線の杉田から本牧ふ頭(約11km)以外は、高低差も少なく比較的走りやすいコースとなっております。港町の横浜を走るので、海風の影響を受けやすいことを忘れてはいけません。まだ風が冷たい時期でもありますので、身体が冷えないような対策をしておくことをおすすめします。

横浜の街並みを楽しみながら、少しでもタイムを縮められるようなコースの攻略ポイントをご紹介します。

みなとみらい地区(スタート)

みなとみらい地区

スタート地点となっている、広々としたみなとみらい大橋も2万人を超えるランナーで埋め尽くされて狭く感じることでしょう。横浜の象徴とも言えるみなとみらい地区からのスタートで、目の前に広がる海へ向かって走り始めるのは、ランナーにとってワクワクする瞬間です。

しかし、海からの向かい風に体力を奪われないようにしましょう。橋の上に吹き抜ける風は、思っている以上に強く、冷たいものです。しっかりとアップをして、身体を温めてから臨むことをおすすめします。

そこを通過すると、ショッピングモールや遊園地、マリノスタウンなど横浜の賑やかな街並みに差し掛かります。沿道の応援と、海風が背後から追い風となって足取りも軽く走り始められるでしょう。楽しみながら走るスタートポイント・横浜マラソン2016の始まりです!

関内地区

関内地区

新しい横浜から古き良きヨコハマへと景色は移り変わって行きます。

昔からの横浜のイメージを大切に守りつつも、キレイに整備された地区がこの関内地区です。赤レンガ倉庫が左手に過ぎたら、横浜国際図書館方面へ入ります。明治時代からの建物を温存して新しい建物と融合しているなど、横浜の歴史と文化を感じられる場所です。この地区は他のコースに比べて、古い町並みを大切にしていることから少し入り組んで感じます。横浜スタジアムの外周を回るコースは、並木道になっていて走りやすい場所ですが、コースを間違えないように気を付けたいポイントです。

中華街の雑踏を感じながら再び海が広がる山下公園へ。しばらく街並みに居ながらにして自然を感じられるコースを楽しめます。

根岸・磯子地区

根岸・磯子地区

元町・港の見える丘公園の辺りを抜けると、しばらくは一般の公道を黙々と走ります。途中、趣のある三渓園を過ぎたら自分との闘いです。

海沿いの道で海風を感じながら走りますが、比較的、風の影響は受けにくい場所なので、次の首都高速湾岸線に向けて体力を温存した走り方を心がけましょう。整備されている路面を走りますが、中央部分を走るようにすることで、路面の影響を更に受けにくくすることが出来ます。脚力、体力の温存をする為にあらゆる工夫をしておくことをおすすめします。

そして、横浜の台所、横浜中央卸市場南部市場で折りかえして、いよいよ首都高速湾岸線上を走ります。

首都高速湾岸線(杉田〜本牧ふ頭)

首都高速湾岸線(杉田〜本牧ふ頭)

普段、自分の足で踏み入れることのない首都高速湾岸線上を走ります。マラソンを走らない人でも興味があるポイントです。目の前に広がるみなとみらい地区、横浜ベイブリッジや横浜港など、今までに感じたことのない世界観を味わうことが出来ます。

しかし、コースとしてはココが一番の難関です。高さがあることと遮る物がないことは、景観の良さを楽しませてくれる反面、海風を全身に浴びながら走ることを余儀なくさせます。

また、普段は車で通り抜けてしまう場所で、感じることも少ないですが、高低差が最もあるポイントです。半分を折りかえして、体力の低下を感じ始める距離でもあります。ここで、直前の根岸・磯子地区の走り方が影響してくるでしょう。

頼みの沿道の応援もないので、景色を楽しむことで気分転換を図って、リズムを崩さないように走るのがポイントです。きっと、隣に見える同じ高さのベイブリッジは、距離感を持たせてくれて、走る勇気を与えてくれることでしょう。
走った人にしか見ることの出来ない景色に、優越感に浸りながら走り切りましょう。

本牧ふ頭〜みなとみらい地区(フィニッシュ)

本牧ふ頭〜みなとみらい地区

難関の首都高速湾岸線を降りたら、横浜港の活気を感じられる本牧ふ頭内を走ります。平坦で、海と一体となって感じられるコースですので、高低差を走って乱れた呼吸を整えながら走ることが出来ます。

呼吸が整ったところで35勸聞澆離侫ニッシュを迎える前のキツイ箇所を迎えます。再び山下公園に戻り、沿道の応援をたくさん受けながら走れるのは嬉しいですね。

山下公園を過ぎたら40卉賄澄いよいよフィニッシュです。フィニッシュテープは、臨港パークに設けられています。正面にはベイブリッジや横浜港が広がり、完走した充実感と、横浜の開放感あふれる景色は、走った人にしか味わえない特別な世界となることでしょう。

横浜地域以外のランニング婚活パーティーはこちら Runner知恵袋 大人気!ランニングイベント スタッフブログ エクシオが選ばれる理由 プライバシー